例文について

目次

今すぐ使える英語メール文

これまで6000通以上の質問にお答えしてきました。

ここに収録された英語メール文は、基本的には、皆さんからいただいた質問にWrite4u Teamが回答として作成したものです。また現在も、新しい英語メール文が作成・追加され、時代の変化を反映し続けています。

皆さんの書きたいメール文が「ちさとの英語メール文」の中にあることを願っています。

日本語には書かれていない部分も英語に

日本語では肝心のことを「ことば」に表わさない傾向があります。

「先日は大変お世話になりました」と日常的に言いますが、「先日」って何時のこと?「お世話になった」って、具体的にどういうことで助けていただいたの?肝心のことは他人に伝わりません。

日本語では、会話をする者同士に暗黙の了解がある場合、了解し合っている部分をことばに表さない傾向があります。そのため、日本語を一語一語英単語に置き換えても、そのような英語表現では意図を正しく伝えられないのです。

Write4u Teamへ日本語で送られてくる質問には、肝心の情報が書かれていないことがよくあります。Write4u では、言葉に表われていない部分を推測して英語メール文を作成しています。

メッセージが一番大事

英語に限らず、メール文で一番大事なことはメッセージです。「このメールで相手にどんなことを伝えるべきか」ということを常に意識して、Write4u Team は例文を作成しています。

最近、こんなことがありました。パンデミック禍に誕生日を迎える小さな友達へ誕生日メールを書いていたときのことです。我慢しているお子さんに「友達にも会えず可哀そう!がんばってね」と書いたのですが、不適切だとWriteu Team から却下されました。こういう時こそ、子供に希望を与えるようなメッセージを書くべきではないかというアドバイスをもらいました。

そこで、小さな友達に希望を与えるようなメッセージを作成してみました。

コロナ禍の中で誕生日を迎えたお子さんへ

「このメールでどんなメッセージを伝えるべきか」という課題とWrite4u Team はいつも闘っています。

メール一通に、用件一件

スピードが命のメールには、メール一通につき用件一件という暗黙のルールがあります。Write4uのメール文もこのルールに従っています。

質問の中にはいくつもの用件が含まれていることがあります。そのような場合は、最も中心的な用件を選択して、メール一通に用件一件を書くように工夫しています。

メール一回ですべての事を片づけようなどと考えず、一件ずつコミュニケーションを取りながら、用件を片付けることをお勧めします。

英語メール文の構成

例文は6つのパーツから構成されています。

①  タイトル 
②  Q Question
③  A Answer
④  日本語訳
⑤  メモ(書き方のアドバイス)
⑥  語句注

①と②は常時ご覧いただけます。

③~⑥は利用登録後にご覧いただけます。

著作権について

回答としてお送りした英語メール例文とWrite4uのウエッブページに公開している例文の著作権はWrite4u Teamにあります。無断転送、無断二次使用を固くお断りします。

目次
閉じる